映画ターミネーターのすべて

映画ターミネーターのすべて

映画ターミネーターは1984年にアメリカで公開されたSF映画シリーズの第一作目。コナン・ザ・グレート等で活躍していたアーノルド・シュワルツェネッガーが、悪役のターミネーターを演じ好評を博す。ターミネータのテーマは非常に印象的。

あらすじ

自我に目覚めた機械が人間に対して反旗を翻し発生した核戦争から数十年経った2029年。人類が機械に勝利する直前、敗北を悟った機械軍は人類の指導者であるジョン・コナーの母親をジョンが誕生する前に殺害するため、1984年に潜入型殺戮マシーンのターミネーターを送り込んだ。人類はそれに対抗するために一人の戦士カイル・リースを同じ時間に送り込む。戦争の最終決戦は2029年ではなく、1984年に行われる・・・。

映画ターミネーターの登場人物

映画ターミネーターに登場する魅力的なキャラクターを紹介する。壮大なスケールの作品でありながら登場人物は非常にコンパクトで、どの人々も重要な役割を果たしている。

サラ・コナーサラ・コナー
19歳のどこにでもいる少女。ルームメイトとごく普通の生活を送っているが、サラを抹殺するために未来から送り込まれたターミネーターと、サラをターミネーターから守るために同じ未来からやってきたカイルと出会うことで、サラの人生は普通ではなくなっていく。

カイル・リースカイル・リース
機械軍による核戦争が終結した2029年から、1984年に送られたターミネーターからサラを守るために1984年のロサンゼルスに降り立つ兵士。未来の指導者ジョンから聞いたサラの事と、写真でサラに恋をしている。

映画ターミネーターに登場するターミネーター

本作品で絶対に欠かすことのできない殺戮マシーンであるターミネーター。1作目ということで、ターミネーターは1体しか登場しないがそのインパクトは強大。

T-800T-800
2029年、機械軍との戦争が終結する直前に人類の指導者であるジョン・コナーの母親であるサラ・コナーを抹殺することを目的として送られてきた潜入型殺戮マシーン。金属の周りを人間の細胞で覆われていて、見ただけでは機械であることが判別しづらい。

映画ターミネーターに登場する武器

映画ターミネーターに登場する武器 映画ターミネーターに登場する武器を映画の最初から時間を追って紹介している。改めて見てみると一作目ながら多くの武器が登場していることがわかる。

映画ターミネーターに登場する乗り物

映画ターミネーターに登場する乗り物 映画ターミネーターに登場する乗り物の紹介ページ。様々な乗り物が登場している。車が好きな人は必見ページ。

映画ターミネーターのロケ地

映画ターミネーターのロケ地を紹介しているページ。実際にロケ地となったロサンゼルスに行き、映画と似たような構図で撮影してきた場所も。

Copyright (c) ターミネーターマニア All Rights Reserved.