映画ターミネーターの登場人物

ジョン・コナー

このページは現在編集中のページで今後更新・追記されます

まだ生まれておらず、カイルの言葉でのみ登場する。
みんなを指導し捕虜を助け出し、機械をスクラップにする術を教え人間を絶滅から救った男。
身長はカイルと同じくらいで、目はサラに似ている。
カイルにとって信頼できる人間で、カイルはジョンのためなら死ねると言う。
父親については誰にも話しておらず、核戦争の前に死んでしまうとだけカイルに話していた。


1985年2月28日生まれの白人男性10歳。
数年間ニカラグアのあたりで生活していた。掘っ立て小屋で育った。
ヘリで飛び回って色々爆破していたが、サラが逮捕されて普通の学校に行くようになったら周りはNES(日本のファミコン)で遊んでいた。
アーモンド通り19828番地に住むヴォイト夫妻に引き取られて、普通の生活をしている。

ジョンの生活

友達は悪友のティム。お気に入りはガンズ・アンド・ローゼズのYou Could Be Mineで、ラジカセでこの曲をかけながらバイクで町を走る。
ヴォイト家は父親のトッド、母親のジャネルの二人で、そこにジョンが預けられている。
また、犬を飼っており名前はマックス。ターミネーターが来た時の為に飼っているものと考えられる。

未来の指導者ジョンは立派な不良少年に

補導歴は不法侵入、万引きなどなど。
サラに教わったハッキングでATMから300ドルを違法に引き出す。
サラの代わりに育ててくれている義母ジャネルの言うことは聞かず、1ヶ月も部屋を掃除していない。
バイクを乗り回し、友人のティムと一緒に悪さをする毎日を過ごしており、母親であるサラをイカれてると話す。

適応能力は高い

T-800がジョンをT-1000から守った後、「ターミネーターか?」と聞き「そうだ」と言われると、かなり驚いた様子を見せるが、自分に落ち着くよう言い聞かせ、サラがかつて言っていたターミネーターの存在を認める。
そしてサラが言っていたことが全て本当のことだったと知る。
また、T-1000についてもT-800から液体金属と教わると質問もせずにその状況を飲み込んでいる。

Terminator3 Rise Of The Machines


時系列がおかしいが、前回の戦いから「10年」が経過し「23歳」になっている。
審判の日を回避したにもかかわらず、安心して生活することができない。
電話も住所も持たず誰からも見つからないように生きている。過去との繋がりも消した。
しかし、世界が滅びるという悪夢だけは切り離すことができずに悩んでいる。
サラが死んだ日に旅を始め、現在は居場所を点々として過ごしている。

ジョンは殺害される

ジョンは2032年7月4日にT-850によって殺害される。
これはジョンが少年時代の思い出でT-101型に愛着があるため、接近は容易だった。
T-850がこの時代に送り込まれるのはジョンが死亡してからとされている。
送り込んだのはジョンの妻であり人類抵抗軍の副指揮官であるケイト・ブリュースターである。

Terminator Salvation


人類を救うと予言された男。スカイネットのキルリストには2番目に掲載されている。
なんとしてもカイルを見つけ出そうとしている。

カイルを探しだす理由

カイルはジョンの父である。そのため、なんとしてもカイルを探しだし救出する必要がある。
司令部にはカイルは無視してスカイネットセントラルを爆撃するよう命令されるが、命令に背き抵抗軍から外されてしまう。
しかし、他に散らばる抵抗軍に爆撃はしないよう呼びかけ、マーカスの協力を受け単身スカイネットセントラルへ向かい、捕まった捕虜やカイルを救出する。

顔に印象的な傷ができる

T2から大人のジョンが登場するが、その度に顔の左半分に特徴的な傷がついているが、今作でその傷の正体が明らかになる。
スカイネットセントラルへ侵入後、T-800に襲われるジョン。溶鉱炉から溶けた鉄をT-800に当て、その後急速に冷却し動きを封じ込めることに成功。
しかし、少しずつ動くT-800の指先。その指先をかわすことができずに、ジョンの顔には爪でひっかかれたような傷ができあがってしまうのである。
あの印象的な傷は2018年、スカイネットセントラルへ侵入した際にできたものだった。

Terminator Genisys

Copyright (c) ターミネーターマニア All Rights Reserved.